乳房や太ももに出やすい妊娠線は予防することができる

妊娠中の体の変化

妊婦

妊娠による皮膚への負担

妊娠するとお腹が急激に大きくなります。赤ちゃんが成長している子宮は普段の数倍の大きさになり、お腹も当然大きくなります。しかし、その大きくなる速度に皮膚の伸びが間に合わないことで皮膚の下の皮下組織が引っ張られて亀裂が入ってしまいます。これが妊娠線としてあらわれるのです。皮膚表面は伸びますが、皮下組織は無理な引っぱりによってひび割れのような線状の亀裂ができます。亀裂のはいった皮下組織からは、赤紫色の線が見えます。この妊娠線は予防することが出来ます。この妊娠線はお腹のみならず、乳腺が発達する乳房や脂肪が付き始める太ももにできることが多いです。妊娠線の予防は出来る前に早めにケアしていくことが大切です。

妊娠中の皮膚ケア

妊娠線は妊娠5か月くらいから出来始めます。そのため予防するには初期の頃からの心がけやケアが必要です。まずは体重管理です。少しずつの段階を踏んだ体重増加は皮下組織も対応できますが、急激な体重増加には対応できません。また、保湿することが大切です。保湿クリームなどを日々の習慣として塗ること、その際に適度なマッサージを施すことで、血の巡りが良くなり、妊娠線の予防効果があがることにつながります。妊娠線用のクリームにはとても高い保湿効果の成分や、肌の角質層に働きかけ肌の潤いを引き出す成分などが配合され、肌の柔軟性を促して妊娠線を予防します。妊娠中の肌に使うこのようなクリームには添加物が最小限に抑えられ、肌にとても優しく作られていることも特徴です。

肌への負担が減ります

婦人

オンリーミネラルは、肌に優しいシンプルな成分で構成されているファンデーションです。メイク前に、保湿中心のスキンケアや、肌の表面の水分を抑えることによって、化粧持ちがアップし、きれいな仕上がりが実現できます。

もっと見る

ニキビに効くピーリング

ウーマン

繰り返すニキビやニキビ跡に悩んでいるなら、ピーリングがお勧めです。ピーリング剤入りの製品を使えば、古い角質が剥がれて大人ニキビを予防できます。また、ニキビ跡の赤みや色素沈着をを改善する働きもあります。

もっと見る

肌を温かく包みこみます

女性

ホットクレンジングは、こわばったお肌を優しくほぐして、毛穴に隠れた頑固なメイク汚れや皮脂汚れを取り除いてくれます。温めて汚れを落とすので、肌への刺激が少なく、敏感肌の方にもおすすめのクレンジング剤です。

もっと見る