ニキビに効くピーリング|乳房や太ももに出やすい妊娠線は予防することができる

乳房や太ももに出やすい妊娠線は予防することができる

ニキビに効くピーリング

ウーマン

溜まった角質を溶かす

ピーリングはニキビやニキビ跡を改善したい時にお勧めです。ピーリングをすることで、皮膚の表面に蓄積した古い角質が溶けます。角質が毛穴に溜まると、大人ニキビの原因になります。角質ケアをすることは、大人ニキビを予防する上でとても有効です。また、皮脂抑制効果もあるので、皮脂過多が原因のニキビも予防することができます。赤みや茶色いシミタイプのニキビ跡も、ピーリングで改善できます。ピーリング剤には、色素沈着を分解して、元の肌色に近づける働きがあるためです。ニキビ跡だけではなく、シミやくすみにも効果大です。顔全体のくすみが取れて肌色が一気に明るくなります。このように、ピーリングはニキビやニキビ跡の予防や改善に大きな効果があります。

間違った使い方に注意する

ピーリングは間違った使い方をすると肌に負担になります。高濃度のピーリング剤を毎日使うのは厳禁です。低濃度なら毎日でもいいですが、高濃度の場合は一週間に2回や3回でも十分効果があります。ピーリング製品の中で一番肌に優しいのがピーリング剤入りの固形石鹸です。ピーリングバーなどとも言われていて、洗顔をしながらピーリングができるので便利です。ただし、ピーリングバーも高濃度なものは毎日の使用は控える必要があります。肌を擦って使うタイプのピーリングジェルもあります。擦るタイプのジェルは、一番肌に負担がかかります。目の周りなどの皮膚が薄い部分は避けて使うことが大切です。肌が弱い人は腕の内側などでテストをしてから使うのをお勧めします。